失敗しない事業継承

初心者のための事業継承情報サイト

事業承継は後継者に会社の経営を引き継ぐことです。
この場合、親族や従業員が後継者として該当します。
他者に事業を譲渡する場合には事業譲渡となります。
事業譲渡と異なり後継者は引き継ぐ意志があるので円満に進めることができます。
そのため、必要な経費をできる限り低く抑えたいと言う気持ちの方が大きくなります。
そこで気になるのが税金です。
必要最低限に抑えるには何に気をつけて、どのように処理すればいいのでしょうか・

事業承継に必要な税金対策

事業承継に必要な税金対策 事業承継にかかる税金には、贈与税や相続税があります。
相続税は経営者が他界された時に承継するもので、意思に関わらず行われることがほとんどです。
一方、元気なうちに贈与しようと思った場合には、贈与税がかかり相続税よりも他界税金を納める必要があります。
必要最低限に抑えるための対策は、事業承継税制です。
この制度を利用すると贈与税が0%になります。
そのためには前経営者が代表で、筆頭株主であること、新たに就任するものも同じ地位につかなければいけません。
また会社は中小企業でなければいけません。
そして会社の経営を5年間、雇用の8割を維持して運用する必要があります。
5年後に株を維持していれば要件を満たしたことになります。

事業承継による制度がかわり中小企業での株式相続・贈与の税金免除に

事業承継による制度がかわり中小企業での株式相続・贈与の税金免除に 平成30年に事業承継の税制が大幅に変わることになっています。
会社のオーナーは、会社の株式という財産を持っています。
会社の業績が飛躍的に発展すると、株式の価値もそれに連動して大きくなっていきます。
会社のオーナーがなくなったときにはどうなるでしょうか。
もちろん株式の価値に合わせて相続税が掛かるので税金対策を進める必要があります。
相続税は、原則現金で納めることになります。
相続人が複数人いる場合には、事業承継しようとすると他の相続人の持ち分にも相続税がかかりますから事業承継を受けた人は、株式を売ってその資金を作る必要がでてきます。
そこで考えられたのが事業承継税制です。
中小企業が、次世代に事業をバトンタッチする場合には相続税や贈与税を大幅に削減しますよと言うのが税制改正の狙いです。
この制度ができた場合には、株式にかかる贈与税や相続税は平成30年1月以降最終的に100%免除になることが決まっています。
株式で生前贈与するか相続させるときに使えるものです。
生前贈与では100%免除、相続では80%免除になります。
相続では、相続発生時に贈与した株式も手元にあるものみなして相続税を計算します。
したがって80%までに限定されていました。
これが30年以降は相続税でも100%免除になるのです。

事業継承関連情報

事業承継