失敗しない事業継承

事業承継補助金の採択率

事業承継補助金の採択率

事業承継補助金の採択率 事業を新しく起こす場合にはさまざままな補助などがありますので、上手く利用していく事をお勧めします。事業承継の補助金の採択率はどれくらいかということもあらかじめ知っておくと安心です。各中小企業それぞれで本当に異なるものですので、ホームページなどで確認をするというのがベストな方法です。
事業承継を行う事によるメリットは多く存在しますし、募集要項をよく見て応募してみる事をお勧めします。この事業承継によって補助を受けられればよりたくさんの内容で業績を上げていく事にもつながります。経験者の体験談なども参考になりますのでまずは目を通してみると良いでしょう。色々な企業でこの事業承継を行っていますし、それによるメリットも記載されています。今注目されている補助ですし、採択率に関してはそれぞれの企業によって変わってきますので、この時点で大体どれくらいという事は非常に難しいのが現状と言えるでしょう。まずは調べてみることからです。

事業承継補助金の補助企業に選ばれるには

事業承継補助金の補助企業に選ばれるには 事業承継補助金の対象企業に選ばれると補助率3分の2、経営革新を伴う場合に200万円まで、事業所の廃止や既存事業の廃止・集約を伴う場合は500万円までをそれぞれ上限に交付されます。国家の財政が厳しい中で限られた予算から捻出されるのと同時に国民の貴重な税金が注ぎ込まれている事もあり、厳格な審査が行われるため狭き門となっています。
事業承継補助金の平成29年度の6月までの実績では517件の応募のうち65件が採択されその採択率は12.6%と比較的低い数字です。そんな事業承継補助金の対象企業に選ばれるには、「地域経済に貢献する中小企業による、事業承継をきっかけとした、経営革新や事業転換などの新しい取り組み」を行う事を条件に審査に合格し採択される必要があります。募集時期は毎年まちまちである事や期間が1ヶ月程度と限られている事に加えて、企業が本制度の該当する状況にある時期と募集時期が必ずしも一致するとは限らないのも低い採択率に繋がっています。