失敗しない事業継承

アドバイザーの難易度

アドバイザーの難易度

アドバイザーの難易度 銀行業務検定の一種である事業承継アドバイザー認定試験は、当然ながら専門的な知識が要求されます。
難易度の目安となる合格率は5割をやや上回る程度です。
つまりは簡単とは言えないものの、学習を積み重ねれば十分に合格が狙えるということがいえます。
試験内容としては選択問題が7割と記述回答が3割です。
6割正解すれば合格ラインに達しますので、日頃の勉強が物を言います。
選択式が多いことから運が良ければ正解率も上がると考えがちですが、それは少し甘いと言わざるを得ません。
事業承継アドバイザー認定試験は全50問となっていますから当てずっぽうでは到底カバーしきれないでしょう。
一方で過去問と同じ傾向で出題されることも多く、繰り返し問題集を解き続けることが大切になります。
記述式では総合的な理解が試されますから問題の傾向は比較的素直です。
きちんと勉強すれば合格可能な難易度ということは、これまでの姿勢が厳しく問われるともいえるでしょう。

事業承継アドバイザーの合格率はどれくらいか

事業承継アドバイザーの合格率はどれくらいか 事業承継アドバイザー検定試験の合格率はどの程度なのでしょうか。
金融検定協会のホームページ上では事業承継アドバイザーの合格率が載っていません。
合格点は発表されており、100点満点中60点以上取ることであるとしています。
この制度は受験者によって割合が左右される試験であるとします。
出題の範囲や難易度でも左右されると言えますが、高度な専門知識を持つ試験委員が過去の問題を踏まえて慎重に吟味した上で、試験を行うようにしているため、大きな変動の恐れは大きくないとしています。

正確な数値は発表されていませんが、7割以上が合格することもあるとする記載もあります。
また、60点以上は基準点であり、あまりにも合格者の割合が多い場合や少ない場合は変更される能性もあるとしています。
現在のところ合格者の割合の多寡で合格点の見直しを行ったケースはほとんどないようです。
合格すれば、与えられた職務をこなすだけの能力があると協会が保証します。