失敗しない事業継承

初心者のための事業継承情報サイト

平成29年度の事業承継補助金の予算

平成29年度の事業承継補助金の予算 事業承継補助金は従来の制度をリニューアルする形で創設されており、目的には、新たな需要や雇用の創出の促進と国の経済を活性化させることがあります。
事業は経済産業省・中小企業庁によって行われており、平成29年度においては創業・事業承継支援事業として11.0億円が予算として計上されています。
窓口はこれまで経済産業局であったものが各都道府県へと変更されており、必要書類等の手続きはそれぞれの担当課に提出するようになっています。
制度の内訳には全部で4つの事業が設けられており、事業承継補助金は、事業所の廃止・既存事業の廃止・集約を伴わない場合に100万円以上200万円以内の補助を受けることができます。
事業所の廃止・既存事業の廃止・集約を伴う場合には100万円以上500万円以内になり、このケースでは経営革新等の要する費用では上限200万円、事業所廃止等に要する費用では上限300万円になります。
因みに平成29年度においては、申請517件のうち65件が採択されています。

事業承継の予算として補助金なども有効です。

事業承継の予算として補助金なども有効です。 事業承継では予算の調達が鍵になります。
一定の条件を満たせば各自治体や国からの補助金をもらうことが出来るので、事業承継を行う会社は必ず確認した方が良いです。
会社の将来性を判断する時に大事なのは株価や経営方針、経営理念でしょう。
経営陣の人事異動があったり、事業拡大などがあるときは株価が大きく変動するタイミングでもあります。
株価が下がっているということは、事業承継が上手くいっていないと予想されていることが多いので株主からの信頼も低下しているということが分かります。
株式会社の場合は、株主の信頼低下はそのまま経営不振にも繋がります。
経営不振に陥ると予算を用意することも難しくなりますし、従業員の給料やボーナスの金額にも影響が出てきます。
事業承継を成功に導くには、株主の方たちに信頼をしてもらうことが重要です。
株主の理解を得ることができれば自然とお金は集まりますし、会社運営もスムーズに行うことが出来ます。